代表ごあいさつ

仲間の為に・・・未来のために・・・

仲間とは、、、共通の関心や利害を持った集団、、、、
投資とは、、、将来の為に資金や力を費やすこと、、、

何よりも大切な未来への期待を私たちに託して頂く、、、そんなお客様方を、私たちは仲間 と呼んでいます。
私たちのミッションは、その仲間を縁の下から支え、幸せな未来を築くためのお手伝いをする事です。

幸せは金銭的な豊かさだけでは得られません。ただ、金銭は必要なツールであり、それを得る事で安心も得られることは間違いありません。

仲間たちの安心、豊かさ、夢、新たなチャレンジなど、希望を支えるために、私たちはこの不動産投資のマネジメントを行っています。

私たちの存在・サービスが少しでも仲間の未来の役に立つのであれば、私たちは全身全霊で取り組みます。

関わる人すべてにWIN・WINじゃなければ成り立たないビジネス

このビジネスは、関係する人すべてにWIN・WINじゃなければ成り立ちません。
不動産を売却する人、購入する人はもちろん、資金を貸す人、利用する人、募集する人、管理する人、修繕する人、取り巻くすべての人がハッピーであることで事業が成り立つのです。
どこかで誰かが泣くビジネスではなく、みんなで喜びを共有できる。そんなビジネスに携われている事を私たちは誇りに思います。

最後は「誠実な者」だけが生き残れる、、、

良くも悪くも、参入・撤退の障壁が低いこの業界は、事業者が目まぐるしく入れ替わります。

私たちが起業した2009年も、まさにリーマンショックで撤退する事業者が多い時期でした。ブームが来たら参入し、ブームが去ったら簡単に撤退してしまう。 そんな中、私たちは、一時の機会を狙って事業をする訳ではなく、本物として存在し続ける事を決心して起業しました。

なぜならば、不動産事業とは、お客様(所有者様)の未来を担う事業であるのと同時に、お客様(所有者様)の物件に住まわれ、日常の暮らしを営む大勢の方にも、安全と安心を提供する事業でもあります。だからこそ、我々事業者側の都合で、気ままに営むものではないと考えていたからです。

私共は創業当時から、残るのは本物であり、本物とは「誠実さ」があるかないかの違いだと信じて取り組んでおります。

色々なマネジメントの要素の中で、最後にはこの「誠実」がベースになっているかが、存在の可否を決める鍵になると信じています。

100年先の未来に向けて・・・

世界の国々が国家としてのありかたを変えていく中、日本はずっと日本で有り続けました。先代方のおかげで今があり、今の我々の成果が、将来の礎になります。

変わっていくもの、変えるべきもの、変えられないもの、、そして何より変わってはいけないもの を大切にしてきたからだと思っています。
変化に対応していきながらも、この変わってはいけないものこそ「誠実さ」であり、 「他者に与える心」だと信じています。

私たちは、仲間たちの未来にかかわり、100年後も必要な存在で有り続けられるよう、これからも尽力していく事を誓います。

代表取締役 根布和明